〜平成29年度 槻木中学校 重点努力事項〜
槻木中学校
学校概要教育目標年間行事学校だより学校評価
TOPへ戻る

        平成29年度 学校経営方針

1 学校教育目標

 
『 心豊かで,たくましく,生き生きと学ぶ生徒の育成 』


2 目指す生徒像(校訓)

・自ら学び,互いにみがき合う生徒 ・確かな学力を身に付ける生徒 ( 琢の心 )
・思いやりがあり,他と協力する生徒 ・明るく元気な挨拶ができる生徒( 恕の心 )
・健康で,気力あふれる生徒 ・目標に向けて,粘り強く頑張る生徒 ( 鍛の心 )



3 目指す教師像

(1) 人間性豊かで高い倫理観を持ち,信頼される教師
(2) 生徒理解に努め,生徒の良さを伸ばす教師
(3) 常に自己研鑽に努め,共に伸びようとする教師
(4)心身共に健康で,明るく活力のある教師



4 学校経営の基本方針

  
宮城県教育委員会および柴田町基本方針に基づき,地域社会と生徒の実態を踏まえて,全職員の教育的
情熱と英知を結集して教育活動を実践し,本校教育目標の具現化を図る。

(1)学習指導要領に基づく適正な教育課程の編成と実施により,知・徳・体の調和のとれた人間の育成,
  自ら学び自ら考える「生きる力」の育成に努める。

(2)指導の工夫・改善を図り,分かる楽しい授業の積み重ねによって「学力向上」に努める。また,家庭
  学習の習慣化を図り主体的な学習を促し,基礎学力の向上や学習意欲の向上に努める。

(3)豊かな人間性を育む道徳教育,生き方を見つめさせる志教育,キャリア教育の充実を図る。また,
  社会性を育む生徒指導と教育相談の充実により,いじめや不登校のない学校づくりに努める。

(4)保健体育や部活動の充実によって,健康でたくましい生徒の育成に努める。また,防災教育の推進に
  より自他の健康・安全を積極的に求めようとする生徒の育成に努める。

(5)生徒と職員が一体となって学校環境の美化と整備に取り組み,さわやかで明るい教育環境の構築に
  努める。

(6)学校の教育内容や実践を保護者や地域に積極的に公開して「開かれた学校づくり」に努めるととも
  に,保護者や地域から「信頼される学校づくり」に努める。

(7)小中連携を強化し,保護者の支援や地域の教育力を積極的に生かして,教育活動の一層の充実に
  努める。









1  豊かな人間性の育成
2  確かな学力の確実な定着
3  健康でたくましい生徒の育成



 1 「豊かな人間性の育成」
  @積極的な生徒指導の推進 → 生徒会活動の更なる充実
   ・生徒理解に努め,生徒一人一人の良さを見つけ,可能性を伸ばす教育を実践する。
   ・生徒一人一人の存在感,満足感,成就感を味わわせる場を意図的に創っていく。
   ・生徒相互・生徒と教師の人間的触れ合いを大切にし,温かな人間関係作りに努める。
  A教育相談の充実 → QU,いじめアンケートの有効活用 定期,不定期の教育相談
   ・生徒一人ひとりに寄り添った指導を行い,学校が心の居場所となるよう努める。
   ・不登校生徒や別室登校生徒の支援に学年・学校全体で取り組み,関係機関につなげ,地道に粘り
    強く関わっていく。
   ・「いじめ」はどの集団でも起こりうるという認識を持ち,いじめを絶対に許さない集団作り,いじ
    めを見逃さない体制作りに努める。
 B道徳教育の充実 → 道徳の時間に関する研修会,研究授業の実施
   ・道徳の時間確保とともに,道徳的価値が深められる学習を全教科・領域で進める。
   ・「特別の教科 道徳」の実施に向け.授業研究等の研修に努める。
  C特別支援教育の充実 → 支援員,外部機関等との連携強化
   ・個に応じた指導に努め,一人ひとりのニーズに応じた特別支援教育を推進する。
   ・支援を必要とする生徒について共通理解を図り,全職員で組織的に指導・支援に当たる。
  D教育環境の整備と活用 → 花の町柴田にふさわしい環境作りの推進
   ・季節感あふれ,清潔で明るい学習環境を作り,校舎内外の環境美化に努める。
   ・学校図書館の積極的活用と朝読書活動を推進する。

 2 「確かな学力の確実な定着」
  @確かな学力の育成 → 校内研修の充実 指導法の工夫による「分かる授業」
   ・学ぶ楽しさ,分かる喜びを実感させ,基礎学力の定着を図る。
   ・学力調査,検査の結果等を分析し,個に応じた指導に生かす。
  A家庭学習の習慣化の徹底 → 確実な点検と励まし 授業と家庭学習の連動,サイクル化
   ・計画的に宿題・課題を出し,確実な習慣の定着を目指す。
   ・保護者と家庭学習の状況に関する情報を共有し,家庭と連携し家庭学習の定着を図る。
  B校内研修の充実 → 研究授業の推進(指導主事訪問の形態変更に伴い)
   ・校内研修を充実し,教師同士の積極的な学び合いを推進する。
   ・教室や教科の垣根を低くし,互いの授業を見合い,学び合うことを推進する。
  C学習環境の整備と活用 → 町教委・仙台大との連携強化 広報活動の推進
   ・放課後学習室,放課後先生の積極的な活用を呼びかけ,学習に対する意識を高める。
   ・教材等の管理・整理・整頓を徹底し,活用教材教具が積極的な活用できる環境を作る。

 3 「健康でたくましい生徒の育成」
  @ 体力向上の推進 → 部活動の意義の確認と部活動の励行 
   ・生徒の体力や健康状態を把握し,指導を通してたくましい心と体の育成に努める。
   ・部活動を通し,身体と心を鍛えるとともに,自治的,自発的な活動を促す。
  A 安全教育の推進 → 東日本大震災の教訓を生かし,安全意識を風化させない
   ・安全担当主幹,防災主任を核に,本校の実態に合った防災教育を推進する。
   ・安全点検を徹底し,生徒が安全な学校生活を送れる環境整備に努める。
  B基本的生活習慣の確立 → 時間,挨拶,清掃の励行
   ・家庭と連携し,望ましい生活習慣の育成に努める。
   ・日常的に元気なあいさつが交わされる雰囲気づくりを生徒会と連携して推進する。
  C生徒会活動と部活動の充実 → 部活動でできることを日常的なものにさせる
   ・目標を持ち,仲間とともに自らの心と体を鍛える生徒を育成する。
   ・委員会活動を生徒が自主的に活躍する場として設定する。
 
TOPへ戻る


〒989-1757
宮城県柴田郡柴田町槻木東2-3-1
TEL 0224-56-1331
FAX 0224-56-4267